| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ブリーダーさんのところでお勉強

ウチにロックが来るまであと5日。
もう片手で数えられちゃうんですよ!きゃー!

土曜日は2週間ぶりにロックを譲ってもらうブリーダーHUGさんを訪問。
子犬を飼うにあたっていろいろと説明を受けてきました。
いろいろと教えてもらえたので全部は書ききれませんが、
・最初のうちにあげるフードの中身と分量
・ワクチンとか病院のこと
・運動や散歩するときの注意点
・フローリングは注意!
・ブラッシング、爪切り、シャンプーなどグルーミング関連
・成長するにしたがっての変化
などなど、気になるところもいろいろ聞けたし、知らなかったこともたくさんありました。

この時はホントにHUGさんのところで決めてよかったと思いました。
当たり前ですが、ボーダーコリーにやたら詳しいんです。当たり前すぎる(笑)
あれこれ聞いてみたんですが、「●●らしい」とかではなく、ウチの子はこうだったとか、この子たちにはこうしてる、っていうように、今までボーダーをたくさん育ててきている経験から教えてもらえました。
しかも、話の主語が基本的に「ボーダーコリー」なので、ピンポイントの説明なんですね。
説明聞いているうちに、自分でも育てていける気になってきました。

知らなかったこともいろいろ聞けました。
たとえば、
・子犬のうちは太らせるくらいたくさん食べさせたほうがいい。既定分だと少ないよ。
・でも生後半年で背骨やあばら骨が触れなかったら太りすぎ。
・一度に食べきれなくても片づけちゃダメ。ゆっくり食べさせて。
・子犬のうちは免疫が少ないので、あまり病院に連れていっちゃダメ
・人間用の下痢薬でも、子供用の分量ならOK
・ボーダーコリーだからといって、あまり運動させすぎもよくない。遊んだり運動したりはいくらでもやっちゃうし、疲れてしまうから健康にも良くない。
などなど。まだいろいろありましたが、それはまたいずれ書きます。

それから、今使ってるフード、おもちゃなどもらえました。
hugset.jpg
ビニールの中は牛の蹄だそうです。
歯のエナメル質が取れてしまうので、一日5分位までだそうです。

だんだん準備が整ってきました。
説明受けてから、またいろいろグッズも買いに行ったので後日また書こうと思います。

さて、今回HUGさんに訪問した時ももちろんロックに会ってきました。
相変わらずおとなしかったんですが、だんだん大きくなってきました。
写真もたくさん撮ってきたし、いよいよロックちゃんのご尊顔をUP!
rock091121.jpg
きゃああああ!!!かわいいいい!!!
僕の手の上にお顔をお乗せになっておられます。たまらんっす!
この子がウチに来るんですよ。大変ですよ。

ちなみに、HUGさんのサイトでもロックが載ってました。
11月13日のDIARYで紹介されてます。上目づかいなんてしちゃってますよ。
うーん。ウチのロックはどのサイトに載っててもかわいいな~。
あとでやっぱり返して!って言われても無理ですよ。絶対だめだからね!
スポンサーサイト

| 調べものメモ | 22:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

犬の居場所2

というわけで、犬の住まいを考える-Part2です。
家の中で飼うには、外飼いの犬小屋に相当するような、サークル、ケージ、バリケンとかなんとかが必要なんだそうです。
正直いいまして、それらがいったいどう違うのか全然知りませんでした。
で、ここでまた検索エンジンをぶんぶん回して調べましたよ。

まず、バリケン。正しくはバリケンネルっていうそうです。
このサイトによれば、移動用のキャリーケースのようなもの全般が「クレート」で、そのうちのもっともポピュラーな形が「バリケンネル」っていう商品なんだそうです。
それ以外にも、デザインや大きさで、「フラーリ」とか「ケンネルキャブ」っていう名前になっている商品もあるんですね。
なるほど~。クレートの1種類の商品名なんですね。
このポピュラーな6角形のものを「バリケンネル」、四角形を「クレート」って書いて売ってるサイトもあったので謎だらけだったのがやっとすっきりです。要は移動用ケースですね。

続いてサークル&ケージ。
これはこんな検索したら、質問サイト系がたくさん出てきました。
ケージっていうのは直訳なんですね。犬用のカゴとか檻とかみたいな形をしたもののようです。
これですね。でもなぜかクレートって書いてある・・・
室内用の犬小屋って考えて問題なさそうです。
サークルは、犬専用スペースを作るために囲いを設置するんですね。
こんなイメージだそうです。ケージを広くしてあげたものでしょうか。

室内で飼うのに一般的なのは、これらのグッズを組みあ合わせてるのが多いみたいです。
他の方のブログをいろいろ見ていたら、わりとサークルとバリケンを使う方が多いんですね。
サモエド怜音のいる暮らし」さんのところは、サークルinバリケン、
ボーダーコリー 喰う!NELL♪遊ぶ!」さんのところは、サークル+バリケン(ドッキング!)、などなど。
(こっそりと参考にしてます。えへ。)
ちなみに、わが愛読書「ボーダー・コリー」でもサークルを使ってました。(トップ画像で読んでる本です)

さらに、以前伺ったブリーダー「HUG」さんで聞いた時も、最初はトイレのしつけもあるし、お留守番の時にいたずらする犬もいるから、こんなサークルと、狭い所に隠れる用のハウス(バリケンなど)があったほうがよいとのことです。
こんだけ先輩方が使ってるならサークルとバリケンの組み合わせはよさそうですね。
これはウチもパクるしかないですね。サークルとバリケンを買います!けってーい!


あまり高くないやつで。。。

| 調べものメモ | 22:25 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

犬の居場所

日々ボーダーコリーがウチに来るのを妄想してたら1カ月ブログを放置してました。
うっかり!
というわけで、今回は妄想してた中の一つを書きます。
犬は一体ウチのどこで生活させようか?ということについて。

よくあるイメージだと、犬っていうのは庭先の犬小屋でごろごろしてます。
タッチに出てくるパンチもクレヨンしんちゃんのシロも庭先でプラスチックの犬小屋につながれてます。
あの赤い屋根で白い壁のアレです。アレ。入口の上のプレートにポップなフォントで「ポチ」って書いてありそうなやつです。
ホームセンターなんかにもよく売ってる気がします。

でも、最近は割と家で飼ってる人も多いみたいですね。
よそのボーダーコリーブログの方々も大体家で飼ってます。
そして、僕も家の中で飼いたいんです。なんとなく楽しそうじゃないすか。
しかもいろいろ調べてみると、どうやら犬も室内のほうがいいらしいんですね。
犬はもともと群れで生活してるせいか、群れと一緒のすみかにいたほうが安心するらしいんです。
しかもさみしがりやなヤツなんかは、寝る時もなるべく飼い主のそばにいたいんだそうです。
犬の行動学っていう本を書いた人もそんな犬がいたって書いてありました。
へー。ほんとかねえ。。。さみしがるのはわかるけど、甘やかしてると言えばそんな気もしないでもない。
意外。。。

でも、こういう説は都合よく受け取っちゃおうかな。
だって、エーベルハルト トルムラーさんが本の中で言ってるんですもの。
僕も犬がさみしくないように、群れの一員として、犬のために、犬だけのために、家の中で飼います!
やったー!

さーて問題は家のどの辺でどうやって飼うかなんですが、続きは次回。
サークルやらケージやらの妄想を書こうかと思います。

| 調べものメモ | 00:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ブリーダー見学

さて、いつまでもGoogle先生に頼ってばかりもいられないので、ブリーダーさんを実際に見に行ってきました。
といっても、ずいぶん前なんですが。

というわけで、行ってきたブリーダーさんはここ。「HUG」さん。
ボーダーコリーしか扱ってないブリーダーさんだそうで、トレーニングとかもやってるみたいです。
地図もHPにあったので、車でふらっと立ち寄ってみました。

「たのも~!」って感じでお店に行ってみたら、ボーダーコリーがたくさん。
しかも子犬も3匹寝てました。た、たまらん・・・!
で、お店の人にいろいろ話を聞いてきました。

・子犬は大体生後45日ごろから引き渡し可。-意外と早いっすね。
・オスのほうが多少体か大きめでさみしがり屋。-オスがさみしがり屋なんですね。意外。
・この子が何歳で、この子が何歳で・・・。-ほほー、すげえわかりやすい。
・この子犬のパパはこの子だから、きっと似てくるでしょう。なるほど。超可愛いじゃないすか。
・トレーニングも通いと預けるのと両方できる。-通わせていただきます。
などなど。イヤー勉強になります。
やっぱGoogleだけじゃだめですね。生で見ると違う。ライブ最高だぜ!

たくさんの犬を見てると、ずっと近寄ってくるかまってちゃんやら、遊びたいけど近くまでしか来ない恥ずかしがり屋さんやら、飼い主(お店の人)大好きちゃんやら、よく見てるとみんなそれぞれ個性たっぷりですね。
同じ犬種だからと言って同じ性格とは限らないってことを再確認。
これはホントに実際見れてよかったと思いました。

しかもHUGさんは、ボーダーコリーしか手掛けてない珍しいところっていうのもすごく良いなあと素人ながら思いました。
どっかのページで、「できればその犬種専門のブリーダーが望ましい」的なのを見た気がするし、何よりボーダーコリーが好きなんだなっていう印象がありました。
ぜひぜひここで犬を譲ってほしいものです。


とまあ、一つしか見ないのもアレなので、もういっちょ行ってみることに。
続いてはここ。ミッキーハウスさん。
「見学は事前連絡してね」とあったので、電話してみることに。
では早速。「プルルルル・・・ガチャ。・・・もしもし。」
・・・(略)・・・

えーと。ダメって言われちゃった。
というのもですね、これから飼おうという人向けの子犬見学だけだったみたいです。
ただ犬舎を見るだけ、とかで来られても困るそうです。
確かにHPにも書いてました。「部外者を犬舎に迎える為のリスクがあるので・・・」
その通りですね。わけわからん輩がしょっちゅうウロウロしてたんじゃ、管理できるものもできなくなっちゃいますよね。
ごめんなさい。出直してきます。

ということは、HUGさんの所にふらっと立ち寄ったのって、実は結構無礼者だった・・・?
間違いないっすね。あぁ。やっちゃった。ゴメンナサイ。

とまあ、ご迷惑を掛けまくりでしたが、ブリーダーさんというものをちらっと見ることができました。
これでまた一歩前進ってとこでしょうか。がんばるぞ!!

| 調べものメモ | 23:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

いつから飼おうか

ブリーダーで犬を譲ってもらうことにきめて、そのブリーダーの条件も決めました。
でも、すぐに迎え入れようというわけではないんです。
だって、子犬を迎え入れたら世話をしたりしつけをしたり、いろいろと忙しいんでしょ?
しかもかわいい子犬時代になるべく一緒にいたいわけですよ。
なので、「思い立ったが吉日」理論は避けまして、いつ頃が一番いいか考えてみました。

まず、なるべく犬に時間がとれる時期がいいわけですよね。これ重要です。
迎え入れても家にいないだなんて犬も僕もさみしくて泣いてしまいそうです。
それから、今は夫婦二人暮らしなんですが、いずれ子供も登場すると思います。
子供の面倒と子犬の面倒を一度に見るだなんてかなりきつそうです。
できれば子供の時期と重複しないほうがよさそうですね。

えーと、仕事が暇で子供の面倒を見てない時期は・・・
て・・・定年後!!その手があったか!

はい。待てません。
飼う前からブログ始めてしまう僕があと30年以上待つだなんて無理です。
犬と一緒に遊びたいので、できれば足腰が立つ健康なうちにしておかないと。
仕事のピークが過ぎる予定の年末~年明け頃を狙おうかと思います。
まだ子供はいないし、子供の前にボーダーコリーを迎え入れてしまおうかと思います。
その隙にしつけを頑張って、子育てが始まったら手伝ってもらおうかな。
昼間は涙をこらえて、嫁に犬の面倒を任せるか。。。ああ、主夫になりたい。。。

| 調べものメモ | 23:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。