| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

毛玉会in川

夏といえば川。いつの間にかそういう人になってしまいました。
すべてはロックが来て避暑に目覚めたため。
暑いときはやっぱり涼しいところで川遊びが最高です。

そんなわけで、今年も毛玉会で川遊びに行ってきました。
今回は奥多摩方面。団体さんということで貸し切りです。ヴィント家のおかげでサイコーの場所で遊べました。
とりあえず写真をどどーんと。

川到着!いやー気持ちいい。涼しいし水冷たいし。テンションあがるー!
kedama201208_02.jpg

まずはとにかくヴィント君ですよ。好きだねえ。
kedama201208_01.jpg

水があまり好きじゃないロックも川にin。顔さえ濡れなければ平気。アンパンマンみたいなヤツだな。
kedama201208_03.jpg

こういうのは無理。だって濡れちゃうもの。
kedama201208_05.jpg

じーっ・・・。いやいや無理。
kedama201208_06.jpg

でも足だけ入る分には気持ち良いらしい。足だけぱちゃぱちゃで良いの、って女子か!
kedama201208_07.jpg

初めましてのコーナー。
ララちゃん。ドーベルマンのメス。ロックさんメスには優しいんです。
kedama201208_04.jpg

ボコペコとロジャー。なにこの川慣れしちゃった優雅な感じ。いいなぁ。
kedama201208_08.jpg

まりいさんもお初。息子君とやさしく絡んでくれました。息子君へのちょっかいの出し方がロックと一緒。耳をペロッ。
kedama201208_09.jpg

ロックさんはケンカもせず、多少ですがヴィント君以外とも絡めてました。
タビ子さんの事も覚えてたみたい。
kedama201208_10.jpg

バテることもなく、今までで一番川遊びを楽しめてた様子。
いやー良かった。川サイコー。
kedama201208_11.jpg

ご一緒したみなさんありがとうございました。


おまけ。
息子君は1歳を目前に川デビュー。
最初は怖がって腰が引けちゃって、川に近づくのもイヤ状態に。
kedama201208_12.jpg

水が苦手なのはロックと一緒。家系なのかね。イヤ違うか。
でもちょっとずつ慣らしていったら、ちょっとは楽しめるようになったかも。
kedama201208_13.jpg
真顔で一生懸命バシャバシャしてました。
んーまだ早かったかな。
スポンサーサイト

| 日記 | 00:08 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

息子vsロック

息子君がハイハイとかつかまり立ちするようになってきて、だんだんロックにちょっかい出すようになってきました。
危ない場所とかなんとか色々あるんですが、対ロックで気をつけないといけないことが徐々に出てきました。

気をつける事その1:ロックのご飯
息子君、ロックのご飯食べてるところに興味を持ってしまいました。
ロックが何やらムシャムシャ食べてるところが気になるようで、ご飯食べ始めると全力でロックのところに進んで行きます。
vsrock01.jpg
待たされてる間にご飯をひっくり返されるのもかわいそうだし、多分相当ジャマだと思うので、ロックのご飯中は親が必死のディフェンスです。
水を飲むときも一緒。ちゃぷちゃぷ水飲んでたら、全力で水のところに行きます。
目を離した隙に、ロックの水でバシャバシャ遊びだして、ひっくり返して水浸し。
なので、水を常に置いておくことが出来なくなってしまいました。

気をつける事その2:毛
抜け毛シーズンです。ロックさんの毛は景気よく抜けてます。
そんな中うろちょろするので、息子君はしっかり毛をゲットしてます。
vsrock02.jpg
でもまあコレはしょうがない。ロックも家の中でブルブルバタバタするわけで。
コロコロするかブラッシングするか息子君に強くなってもらうしかないね。
なんたって息子君は思いっきり毛をむしり取ってるから、もう防ぐのは無理。多少のあきらめが大事。
もちろんザイニーも被害にあってます。
vsrock03.jpg
毛をむしるわ口に手を入れるわ、ザイニーはこの小悪魔が怖いようで、出来るだけ逃げてます。

気をつける事その3:おやつ
息子君が人にものを渡す事を覚えまして、おもちゃとかを渡してくれるんです。
ただ、赤ちゃん用のおせんべいのようなおやつを上げるんですが、それをロックに渡してることが。。
ロックも食っていいのか困って悩んで、誘惑に負けて食べるわけです。
最近は、息子君がおやつ片手にうろちょろしてると、ロックも期待を込めて近寄ってくるんです。
奪い取らないからまだ良いけど、そのうち息子君のおやつにクンクンペロリ、とかやりそう。
vsrock04.jpg
食いしん坊め!

気をつける事その4:お互い慣れすぎ
ウチにいると、犬が子供をベロベロなめるのは普通の事なんですが、そうじゃない家が多いんです。当たり前か。
なので、遊びに来てくれた子をロックがペロペロすると、当然ビックリして泣いてしまいます。
vsrock05.jpg
ですよね。大人だっていきなり後ろから犬に耳をベロベロされたらびっくりするもの。
しかも、もし一生懸命清潔にしてる子だったりしたら、多分ママ気絶しちゃう。さすがにそんな子はウチに来れないか。
できればよその子には多少遠慮して、息子君だけにやって下さい。って言ってもわかんないよなー。


その他は困る事なし。意外にも。
ロックはイヤな事をされたらベロベロで反撃するし、子供用と犬用のおもちゃを区別してるし、最近は多少荒くされても無視して寝てるし、かなり子供との生活に慣れた様子。
多分ロックなりに、子供ってこんなふうに扱うもの、ってことを考えてるんじゃないかな。

動画もUPしてみました。こんな感じで絡んでます。

ベッロベロになめられて、口の中に手を突っ込んでます。0歳児がこんなに犬と遊べちゃうんだもんな。驚き。
ホント犬アレルギーとか無くてよかった。


いよいよ歩き始めたらこの2人どうなるんだろう。楽しみなような不安なような。
今のところ随分良い関係でいられてるようだし、このまま仲良しでいてくれれば良いな。
vsrock06.jpg


ただ、自分が小さい頃こういうのが無かったから結構うらやましかったり。

| 日記 | 00:09 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

しつけと訓練

最近遊びほうけてることばっかり書いてたので、たまにはちょっとだけマジメな話でも。
結構長くなってしまったのでお気をつけてどーぞ。

犬のしつけ、訓練、トレーニングなどなど、いろんなのを見かけます。
なんだかんだ言って所詮犬なわけで、問題行動、というか都合の悪い行動をしない犬なんていないわけで、みんなこういうことを少なからず考える。もちろん僕も。
やり方は様々あって、犬をヘコませてみたり、脅かしてみたり、もてはやしてみたり、したいようにさせてみたり。
どんなやり方であれ、一定の成果があるわけで、どれかが間違った方法だ、とかいうわけではないんだと思います。何をするかは飼い主次第。考えて模索する必要が出てきます。

で、いつも気になるのが、「しつけ」と「訓練」がごっちゃになってるように見えること。
「ワンちゃんのしつけや訓練」なんて言うとそれっぽく聞こえますが、僕はこれは区別する必要があると思ってます。境界線は曖昧だけど、できる限り。

例えば、しつけっていうのは、生活していく上で必要な決まりごと。
ロックでいうと、人に歯を当てない、勝手に人の物を取らない、むやみに吠えない、キッチンに入らない、あちこち勝手に噛まない、家の中はトイレで用を足す、などなど。
ウチで生活する上で守ってもらわないと飼い犬として置いておけないぞ、というルール、マナー。
良い悪いを覚えてもらって、わかってて欲しいこと。

一方、訓練はというと、そういうのとは別に関係ないほう。
お手、お座りに始まり、果ては盲導犬レベルなことまで、各種コマンドみたいな、命令に忠実に従う的なやつ。
その行動の意味、良い悪いはともかく、言われたとおりの行動をすること。
トレーニングっていうのもこっちの意味で使われてることの方が多いのかな。

モノによってはどっちつかずのも出てきますが、大雑把にざっくり言うとこんな感じだと思ってます。
training2.jpg


さてさて、ではその問題行動を「しつけ」るのか、「訓練」するのか。
人間と同じで、まずは「しつけ」からだと思います。善悪の判断を覚えてもらうことが先。
ソファの上でウンチしたら怒られる、なのか、トイレでウンチしたらほめられる、なのか、犬の性格や環境、タイミングによってやり方は変わってくるものの、まずは「こういうふうにしていれば良いのか」「ここではこういうルールなのか」ということが分かってくれればOK。
たとえトイレを微妙に外してもちゃんと狙った結果であれば、廊下で下痢しちゃっても間に合わなくて仕方なく、ならば良いんだと思ってます。
そこに至るまで叱ったりほめたりを繰り返して覚えてもらう、理解してもらうまで犬とやり取りを繰り返すのが「しつけ」なんでしょう。
散歩もこの「しつけ」に含まれる部分が大半だと思います。飼い主と一緒に歩くことを覚えてもらう。チャリでも同じ。

だったらしつけだけしておけば後は何も必要ないね、というお話になりそうなんですが、そういう訳ではないんでしょう。
犬の本能とかなんとかは置いといて、言われたことをしっかり出来るようにすることも大事なことです。
ボールとかフリスビーを持って来たりするのだって訓練の賜物で、よその犬とか匂いとか、そういう犬が本当は興味があるはずのものよりも、それで遊ぶことだけ考えてる。
よく集中力とか言われるヤツですね。命令とかコマンドがしっかり「入ってる」状態、コレに持っていくようにいろいろと教え込むのが「訓練」なんだと思います。
ボーダーコリーでよくあるのは車とかバイクを追うヤツ。あれはしつけだけじゃなく、訓練も必要な場合がほとんどでしょう。
ほとんどその犬の本能だろうから、こっちで指示してその都度止めてやらないといけない。
お仕事犬なんかはまさに訓練が必要な犬。あれはしつけただけじゃ出来ません。指示通り動いてる。ほんとどうやって教えてるんだろ。
で、まあこの訓練には普段必要なものとして、「待て」だとか「呼び戻し」みたいなのがあるわけです。
飛びかかっていい人近寄ったらダメな人、行っていい場所ダメな場所は逐一人間が判断して命令するわけです。これはしつけじゃ無理。

生活の常識を覚えて理解させる「しつけ」と、従うべき指示や命令をこなすための「訓練」。
まずは、食べ物は人に襲いかかって奪いとっちゃダメなことを理解した上で、食べる前に、待て、とか命令をしてみる。
しつけが先にあって、それから訓練。これをごちゃごちゃにしたままだと、いつまでも問題行動は解決できないと思います。
犬だって多少のことはほっといたって覚えるので、しつけのステップは飛ばせるケースが多いんです。
でも、何かなおさないといけない問題があるときは、むやみに何かの方法論に頼る前に、しつけるべきか訓練するべきかをちゃんと考えることがまず最初じゃないかと思っております。
training3.jpg



長々と持論を展開して講釈をタレておりますが、あくまで僕は犬飼初心者。ロックがはじめてだしまだせいぜい2年半です。もしかしたら間違ってるかもしれないし、ロック限定のお話かもしれないし、来年には違うことを言ってるかもしれません。あしからず。


というわけでようやくロックのお話。
前回、ロックがあんまりよその犬にビビらなくなった、と書きました。
それで万事解決、といけば良かったんですが、そう簡単にいかないのが悲しいところ。
ビビらなくなった勢いで、よその犬にもケンカ上等になっております。
犬だったら全部ケンカ売ってやるぜ!では無いですが、ちょっとでも不穏な空気を醸し出す犬を見つけたら、おぉ?やんのかコラ、となります。肩で風を切って歩いてるヤローを見かけたら、チョーシ乗ってんのかテメー!と尻尾を立てて頭を下げて睨む。まさにチンピラですね。
未去勢のオス犬同士だと起こりやすいんですが、はじめからケンカする気ゼロの相手ならなにもしない。ザイニーとかジャン吉とかは何ともない。パヴィーも興奮してなければ問題無し。
修行に行く前からその気配はだいぶあったんですが、ビビリが少なくなってそれが加速した感じです。

そういう犬に遭遇したら絶対止められないか、というとそういうわけでもない。
手足でショックを与えたりチョークカラーだったりで注意をこっちに向けて、その犬から気をそらしてやればすぐに落ち着く。ぴーんと上がった尻尾が徐々に降りていく。
ところが、こっちが気づかない時、リードついてない時はもうダメ。
特にノーリードのときは、呼び戻しも聞かず、待てっていっても聞こえてない。コラ!って言ってもすぐには言うこと聞くつもり無し。
こっちの声が耳に入らなくなるあたりからして、おそらく元々の性格とか本能とか、そっちに近い行動なんでしょう。
しょうがないとは思うんですが、当然ながら人間様にとってこれは結構大きな問題。やめてもらわないと困る。

というわけで、この問題行動をどうにかしたい。やっとここで本題です。
順番でいけば、まずはしつけ、ということなので、本当は「他の犬とケンカしちゃダメだ」ということを覚えてほしい。
ザイニーの様に、血気盛んな犬がいても無視するのが正しい、ということを分かってほしい。
やらかす度に叱って、いかにそれが良くないことかを伝えているつもりなんですが、全然進展無し。
もしかしたら、やめろと言ってやめられることじゃないのかもしれない。
要するに、これはしつけでどうこう出来る物じゃなく、飼い主がその都度ケンカしたい衝動を止めてやらないといけないのかも。
これをどうにかするには、いよいよ訓練が必要なんじゃないか、と思いはじめたわけです。

ロックには今まで訓練的なことはあんまりやってないんです。
コマンドをおぼえてる犬もいっぱいいるみたいですが、ロックはあんまり分かってない。教えてないもんね。
待てとかフセとか呼び戻しみたいなことがゆるーく出来るのと、レトリーブ的な遊びを少々、とかそんな程度です。そういえばお手を教えるまでも時間がかかったな。
飼い主がこんな調子なので、訓練をしっかりやろうとすると大変そうです。

普段から我慢することをもっと覚えてもらって、生意気な犬をみても我慢できるように持っていこうか。
それとも訓練して、待てと言ったらとにかく待つ、戻れと言ったらとにかく戻る、ということをコマンドとしてがっちり仕込む。
どっちがいいんだろうか、どうした良いもんか。と考え始めているところです。
training1.jpg

ホントどーしたもんかなぁ。普通に考えたら訓練を入れるべきなんでしょうね。
よその犬をケガさせてからじゃおそいしなぁ。。。うーむ。。。

| 日記 | 23:37 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

帰って来ました

先週ロックが修行の旅から帰って来ました。
ブリーダーさんが神奈川インターに来るついでに連れて来てもらったのでお迎えへ。
いたー!ロックひさしぶりー!
kanagawaint02-1.jpg

以前預けたときは迎えにいってもたいして喜んでなかったんですが、今回は再会をしっかり喜んでおりました。
kanagawaint03.jpg
覚えててくれたか。よしよし。
ところが、恐る恐るな相手だったはずのブリーダーさんにもべったり。
kanagawaint04.jpg
懐いてくれたのはうれしいんだけど、なんか悔しい。なんだろう。嫉妬!?

ロックが帰るのと入れ違いで、今度はジャン吉さんが旅立つそうです。
ジャン吉さんはブリーダーさんのことを怖い人だと思ってるようで、かなり行きたくないようです。
kanagawaint05.jpg
完全に拒否してます。ビビってる。そんなに嫌なのか。
旅だって約一週間。そろそろ懐いたかな。

この日初めて会ったGANGSTER達。
ハリー君。
kanagawaint06.jpg
セラピードッグやってるそうです。ジャン吉さんと顔が似てるから最初は見間違えてしまいました。

ガブリエル君。
kanagawaint07.jpg
後ろでケツの匂いを一生懸命嗅いでいるのはロックさんでございます。
この後しっかり怒られてました。

おハナちゃんとハニーちゃん。
kanagawaint08-1.jpg
2匹とも完璧に言う事きいてました。待てって言われたらちゃんと待ってる。ロックなら勝手にだるまさんが転んだルールで近寄ってきちゃうのに。
しかも左のおハナちゃんはロックよりも年下。マジっすか。
kanagawaint09.jpg
いやーすごい。ね、ロック。


で、肝心の修行の成果は、というと。
目的その1、チャンピオン完成させること。これはあっさりクリアしてくれました。
でかいリボンとカードを3つ持って帰って来ました。

目的その2、男らしくなってもらうこと。こっちがメイン。
たかが1ヶ月ですが、ロックさんは以前とやっぱり少し変わった感じがします。
まず、他の犬と一緒にいても平常心。多少吠えられることには慣れたかもしれません。
最初の写真のとおり、他の犬と普通に一緒にいました。なんだかビビリがすこしなくなったかも?
なんなら、よその犬にケンカ売られたときは、今までならビビりつつもやり返そうか、という感じだったのが、今はビビらず堂々とやり返そうとします。
確かにオスらしいといえばオスらしいんですが、そういうのはいらないのよロックさん。
よく言われるように、未虚勢のオス同士だとこれが起こりやすいんですが、ハリー君とはケンカにならず、ジャン吉とも何もなし。どっちも未虚勢のオスなのに。
犬同士で癪に障る相手というのがいるんでしょうか。うーんよくわからん。

ビビリが少しなくなったついでに、飼い主から離れた時の分離不安のような状態が少し和らいだかもしれません。
そりゃあ離れればぴーぴー言うのは変わりませんが、前ほど必死じゃなくなったかも。あきらめがつくようになった感じ。
ほんの少しかもしれませんが、ビビリが緩和されたのは大収穫。よかったよかった。

それから、前よりもメスに興味を持ったかもしれません。
去勢済みのオス大好きなロックさんだったんですが、帰って来てからというものメスの上に乗ろうとするんです。
今までメスにたいして興味を示さなかったロックからすると、結構な変化な気がします。
こらー乗っちゃダメでしょ!とか言いながら、(良いぞロックその調子!)とか思ってます。もしかしたら今後は期待できるかも・・?

それ以外の細かいところでは、
午後2時頃にメシの要求をしてそわそわするようになった。多分修業時代のご飯タイムなんでしょう。
以前にも増してバリケン好きになった。今ブログ書いてる間も、一人で部屋から出てバリケンで寝てます。冷たいヤツ!
チャリ引き散歩の時に、いい勢いでトロットするようになった。足もバッチリ振れてるような気がする。コレが覇気ってやつですか?
こんなもんでしょうか。
全体的になんとなーく変わった感があるんですが、基本的には今までのロックです。
kanagawaint10.jpg
キッチン禁止ルールも忘れてないし、散歩から帰って足拭くときに手をなめるし、自分の布団をひっくり返したあげく使わず寝るし、息子の布団の隅っこだけ借りて寝るし。
うん、たいして変わってないかも。

それにしても帰って来てよかった。家の中が楽しくなった。散歩に行けるのうれしい。
kanagawaint11.jpg
おかえりロック!

| 日記 | 00:16 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

新年会inたび家

あけましておめでとうございます。
なんだか最近更新が少なくなってきた気がしますが、きっと気のせいです。
今年もよろしくお願いします。

さてさて新年一発目、いきなりたび男家へ遊びにいってきました。
たび男家へ01
参加したのはたび男君、ロック、空ちゃん、プラスあとからエース君。

本日のメインは、もちろん食べ物です。めーしー!
たび男家へ02
空ちゃんもそのつもりらしいです。テーブルを離れません。
今回は、それぞれ料理を持ち寄って食べましょうな感じだったんですが、ほとんどたび男家でごちそうになってしまいました。
おせちなんて久々に食べた。旨かった。

犬達にもごちそうをいただきました。
旨そうな物を目の前に、一生懸命待っているワンコ達の図。
たび男家へ03-2
みんな必死。よーく見るとたび男君よだれが・・・
たび男家へ03-1
ヨシ!とともにみんな食べ始める訳ですが、空ちゃんもたび男君も食べるのが早いこと。
初めて食べる物はかなり時間をかける派のロックは、案の定ものすごくゆっくり食べてました。
そんなことしてるので、さっさと食べ終えた2頭に横取りされてしまうのでした。。。ロック・・・

しばらくしてエース君登場。
たび男家へ04
来るなりたび男君とワンプロ大会になってました。
ロックはワンプロ下手なので上手く入れず。残念でした。
そして家の中のワンプロはとても写真におさめられるはずも無く。
というわけで、ワンプロ疲れの2頭の図。
たび男家へ05-1
なぜかたび男君パパに鼻を押されてるロック。我関せずでママさんに抱っこの空ちゃん。
んーなんてバラバラなんだ。おもしろいねぇ君らは。
この間僕はチーズをちょこちょこつまんで、食べ疲れ始めてました。

あ、そうそう。息子君も一緒です。
たび男家へ06
最近はだんだんグズる様になって来たんですが、たび男家の皆さんにしっかり可愛がられてあやされてました。
パパさんにはだいぶじっくり抱っこして頂きまして、その間僕はじっくり食べる事が出来ました。ほんとすみません。

こんな感じで、食って遊んで一日中遊んできました。
楽しかった&旨かった。子連れのくせに一番長居してしまいました。毎度毎度お邪魔しちゃってすみません。
たび男家の皆さんどうもありがとうございました。また遊びにいきまーす。


実はロックさん、この日行く前からちょっとお腹の調子がおかしかったんです。
昼間はちゃんとうんちが出てたんですが、残念ながら夜中に下痢下痢。
最近は多少ご飯に気をつけるようにしてたので、しばらくは下痢が無かったんですが、久しぶりにお腹壊しました。
食欲も無く随分不調のようでした。
お腹の薬を飲ませてご飯抜いてたら、どうやら回復したようです。今はうんちも出て元気に駆け回っております。
久々だったので、こっちがいつもより心配してしまいました。あーびっくりした。


そんなロックさん。実は間もなく試練が待ち受けております。
詳細は次回にでも・・・

| 日記 | 22:49 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。