2010年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年01月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

くしゃみ

今日からやっと仕事休みです。これでしばらくロックの散歩いける。
最近朝はものすごく寒くて、朝は霜が降りてます。芝が真っ白。
霜で真っ白
日陰歩いたらパリパリ音が鳴ってました。フル防寒で散歩せねば。

さて、最近ロックが頻繁にくしゃみをしてます。
以前からたまにくしゃみすることはあったんですが、ここ2~3日はちょっと多い。
家の中をうろつきながら、何度もブシュン、ブシュン、ってしてます。
昼寝してても、ロックのくしゃみがうるさくて起きちゃったくらい。
鼻汁
何か病気とかアレルギーとかだったら怖いので、久しぶりに病院に連れて行ってみました。

さて、ずいぶんと久しぶりの病院です。ブログ見返したら4月以来行ってませんでした。
ビビリのロックさんはずいぶんイヤだったようです。
診察台でちびる
耳は後ろ行っちゃってるし、大あくびだし、腰引けてるし。分かりやすすぎる。
またしても診察台の上でちょっとちびっちゃったしね。このへっぽこめ!

で、診てもらった結果は、恐らくケンネルコフか刺激物によるものだろう、とのこと。
ケンネルコフだとすれば、ワクチン打ってるからきっと軽く済むので今のところは問題なし。
しょっちゅうよそのワンコと遊んでるから、どこかでうつされたかもしれない。
刺激物によるものだとすれば、鼻の中にゴミとか何とかが入って、アレルギー的なくしゃみが続いてるかもしれない。
アレルギーと言うほどのものではなさそうだが、これも長続きするようなら刺激物が何なのかを調べてみる必要あり。
どちらにせよ、今のところは様子見になりました。
元気いっぱいだし食欲もあるし触診しても問題ないみたいだし、軽いものなら徐々に良くなるので、もし長続きするようならもう一度行くことに。

ということでした。長続きしなければ問題ないようです。ひとまず安心です。
これが食欲とか元気が無いとかであれば良くないようなんですが、くしゃみしてるくせに元気いっぱいですからね。
病院の後もいつもの公園をパヴィーと一緒にぐるっと回ってお散歩。
そして帰ってからもゴハンはバッチリ完食。食後はゴロゴロ寝てる。
うん健康だ。くしゃみ以外は。

ここ最近病気らしい病気もせず、下痢することもほとんど無くなってたので、久しぶりにちょっと焦りました。
どっちにしても軽いものらしいので、そこまで心配するほどでは無く一安心です。
あとは徐々にくしゃみの回数が減ってくれれば問題なし。
とはいえ、さすがにくしゃみを連発されるとこっちも気になってしまう。
さっさと治してくれ~。
治れ~

もしカゼだったらほかのワンコにうつしちゃうかもしれないんだよな。
パヴィー大丈夫かな・・・?
スポンサーサイト

| 病院・病気 | 22:11 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

忘年会?

今年最後のオフ会に行ってきました。
場所は川越のドッグガーデンゼブラ前回と同じく貸切です。主催のヴィント家に感謝です。
年末毛玉会01

このボーダーだらけの毛玉会、犬同士遊ばせるには最高なんです。
というのも、
ボーダーしかいないので、小さいワンコを踏んづけちゃうかも、とかいう心配が要らない。
知ってる飼い主さん達なので、犬同士が遊んでる間も割と安心。ケンカしないようにみんな考えてくれるし。
行くたびにはじめましてなボーダーがいるので、だんだん友達ワンコが増えてきて楽しい。
飼い主さん達といろんなお話ができるのが楽しい。ブログ外の話も聞けたり、意外なことが判明したり。
普段ブログで見てるワンコに生で会うとなぜかテンションがあがる。オフ会その後も知れるのも楽しかったり。
などなどありまして。
要するに、変な緊張感とか余計な心配が少ないので、安心して楽しめちゃうんです。犬も人も。
この楽しみを知ってから、ロック1頭だけ連れて普通にドッグランに行こうと思わなくなってきました。いいことなのかどうか分かりませんが、楽しいのでOKとします。

というわけで、当日の模様を写真でお送りします。解説ナシ!
ロックばっかり撮っちゃった・・・
年末毛玉会02
年末毛玉会03
年末毛玉会04
年末毛玉会06
年末毛玉会07
年末毛玉会08
年末毛玉会09
年末毛玉会10


今回も相変わらずロックは、ヴィント君へ激しいストーキング。ヴィント君しか見てません。
せっかくだからほかのワンコとも遊んで欲しいのに。。。
でも、今回参加してまた新たな発見。
どうもリードつきでヴィント君の近くに座らせると、ロックはあんまりヴィント君に近づかないんです。むしろ離れたがる。
何度もストーキングして怒られて、を繰り返してるせいで、しつこいと怒られるのを分かってるようです。
だからすぐ逃げられる状態じゃないと近くにいけない。大好きなのに。
ビビリでシャイ。なるほどHUGさんに言われたとおりかも。しかも性格も悪い。

次回はリードつきで行動を制限してヴィント君の近くに連れて行こうかな。
そうすれば、ロックも怒られないようにちょっかい出すかもしれないので、もう少しヴィント君とまともに遊べるようになるかも。
ついでにロックのビビリな性格を直すにもつながるかもしれない。
コミュニケーション力改善とビビリ克服。一石二鳥。
というわけで、次回は飼い主も一緒にヴィント君のストーキングさせていただくかもしれません(笑)

みなさま、ありがとうございました。今回も楽しかったです。
来年もまたよろしく。

| お出かけ | 23:39 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

チョークカラーとロックのしつけ

前回前々回と続き、ドッグフェスティバルに行ったときのお話しです。
まさかこんなに長いこと書くとは思いませんでした。

初めてお会いしたタビちゃん。リード引っ張りMAXのパピーでした。こんな感じです。
チョークカラー01
ぶれちゃった。よく見る光景です。ボーダーって結構多いですよね。

ところが、必殺アイテムを装備してHUGさんがリード持って10m往復。帰り道は、
チョークカラー02
こうなりました。完璧なヒールウォーク。超イイ子。
誇張ナシで10m往復のみです。ありえない。衝撃です。
引っ張りグセって、直すのにはたっぷり根気が要るんじゃなかったの?

正直言って、シーザーミランが普通にしつけが得意な人に思えてきました。それぐらいの驚き。
この人すげえ。プロのハンドラーってこんなすごいの?
「浪速のシーザーミラン」って名乗ってテレビ番組もたせたほうがいいよホント。
いや、やっぱり響きがダサいから却下。でもそれくらいアッサリ直しちゃいました。

ロックは普段僕と散歩してるときは、ショーのときのようなトロット走りはあまりしません。
基本、とぼとぼ歩くか、ギャロップ走りのダッシュのどっちかです。
ところがショーのときはほかのワンコと同じくちゃんとそれっぽい走り方をしてるんです。
よく考えてみると、いくら天才ロックとはいえ、普段できないことをアッサリできるわけが無いんです。
ロックがショーでそこそこちゃんとしてるのは、すべてハンドラーの力でした。
今頃になってようやく気がつきました。いやーすごい。感動した。

ついでに、ロックのしつけも思いっきりダメだしされました。
ショーから戻ってバカ親扱い。なんだとぅ!親バカは完全に認めるけどバカ親だなんて!
というのも、ロックはあまりに自由すぎるらしいです。
自由な感じでワンコとコミュニケーションを取れるのは良い。
でも、あまりにシャイでビビり。制限がある状態だとビクビク。
ショーの最中に足で持ち上げて立たせたら、びっくりしておしっこ漏らしたって言ってました。
このまま制限を知らず自由なままにしていると、いずれビビリが高じて噛みグセがでてくることもありうるそうです。

むぅ。。。なにも反論できない。まさしくそのとおり。
普段はワンコと自由に遊びまくり。でも相変わらずビビリのまま。
確かにリードつけて歩くときはヒールウォークはしてない。引っ張らない範囲でふらふら歩いてる。全部見抜かれた。
ビビリのことも、そういう性格かと思ってたけどしつけ不足なのね。
しかも噛みグセが出てくる可能性があるなんて言われたらほっとくわけにはいかない。
すみません。しっかりしつけしなおします。


で、もちろん魔法のかけ方をレクチャーしてもらいました。ふっふっふ。
まずは必殺アイテム。じゃーん。
チョークカラー03
ただの細いチョークカラーです。
ショーの犬はたいていこの細いチョークカラーと細いリードをつけてました。
最初はてっきり、ショーに出る犬だから、目立たないように細いリードをつけてるのかと思ってました。
だってこんな細くて頼りないヒモなんて、首輪の役目を果たさないかと思ってたもの。
でも、ちゃんとした使い方をするとこれでOK。むしろこれのほうがイイ。

で、つけ方。これ重要です。
リングのところにクルッとヒモを通して、
チョークカラー04
輪っかをつくります。
チョークカラー05
このとき、左手に持ってるヒモを、右手のヒモについてるリングに通します。
左のヒモがぶらぶらする状態。ここ重要。
その向きのまま、頭に輪っかを通します。
チョークカラー06
そしてまた重要ポイント。カラーの位置。
頭の上は、カラーが耳の付け根のすぐ後ろにくるようにします。
チョークカラー07
ホントは↑の写真よりもうすこし耳の近くの方が良いはず。
ちなみに、カラーの位置を調整するときは、輪っかを頭の上に持ってきてやらないと難しいみたい。
首の下は、アゴの付け根の辺りまで持ってくる。
チョークカラー08
やってみた感じだと、ちょうどカラーが頭蓋骨の付け根に来るようにすればいいのかも。
チョークカラー09
チョークカラーは首の位置にあっても効果はないので、使うならこの位置だそうです。
そしてまたまた重要ポイント。この状態で犬を必ず左側につける。
チョークカラー10
装着完了~。

そしていよいよ使い方。
犬がどっか勝手に行こうとしたら、
チョークカラー11
横向きに引いてショックを与える。上向きはダメ。
チョークカラー12
そうすると犬にちゃんとショックが行って、繰り返していくと服従完了。
チョークカラー13
後は普通に人間主導で歩く。引っ張ったりしたらまたショックを与えるだけ。
こうやって見ると簡単そうだな。だって一瞬だったんだからしょうがない。
カラーの向き、つける位置、犬の場所、引っ張る方向。これをちゃんとやって初めてチョークカラーの意味があるんだそう。
こういう使い方をしてない・できないチョークカラーは、しつけには意味ナシだそうです。

もともとロックはあまり引っ張らないんですが、感動して買ってしまいました。
しつけしなおさないといけないし、今後きっと役に立つはず。
何気にタビちゃんの引っ張りグセよりも、ロックのビビリを直すほうが大変かもしれないし。。。


長くなっちゃったけどおまけ。ロックの体について。
ロックは普段たっぷり運動してるだけあって、筋肉はちゃんとついてるようです。
でもディスクはまだまだ良くない。ジャンプしなくても急ブレーキが危険。
犬は鎖骨がないので、そういう運動は足の付け根の関節に負担が大きくなるそうです。
後天的に関節が曲がってくることもあるので、たとえローラーでも今のロックにはまだまだオススメしない、って言われました。
ディスク向きに改良された軽くて細い犬なら負担は少ないかもしれないけれど、ロックみたいなボーダーコリーの場合は無理させないほうが良いみたいです。
怪我でもして後々困らせるのもイヤだし、しばらくディスクは封印かな・・・。

| 日記 | 23:20 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ジャン吉先輩&タビちゃん

さて、前回に引き続き、またしてもドッグフェスティバル。
書きたいことがたくさんありすぎて、本日2度目の更新です。

今回は、ロックのショー出場も楽しみだったんですが、実は親戚さんたちに会えるのもかなり楽しみでした。
HUGさんが引き連れて来るたくさんのワンコだけでなく、よそのオーナーさんも着てました。

まずは、前回のショー見学の時にも来てたマジック。ロックと母親が同じ。
ドッグフェス08

そしてマジックと同じオーナーさんとこのハイド。
ドッグフェス09

この2頭も出場してて、チラッとショーも見たんですが、結果は案の定よく分かりませんでした。
多分この2頭と同じステージにいたら、ロックは相当貧相に見えたでしょうね。
チャンピオンたちが審査されてるときは、ガタイも毛のボリュームも全然違う犬が並んでたもの。
比べちゃったらロックはまさにジュニア。まだまだガキんちょ。
ロックもいずれこんな堂々としてがっしりした犬になれるのかな~。

続いて、ジャン吉さん。ロックと母親が同じ。
ドッグフェス10
初めてロックがショーに出たときにお会いしたワンコ。
なんだか前よりかわいさが増してる気がする・・・

ロックと並べてみました。
ドッグフェス11
やばい。かわいい。。ロックも気を抜いたらかわいさで追い越されちゃうぞ!
写真用におやつで釣ってるので、ロックは目が本気です。食いしんぼめ。

この2匹、意外とお互いに興味が無いようで、そっぽ向いたまんま。カラミ無し。
ドッグフェス12
なーんだつまんねーの。でもいずれわいわい遊ばせてみよ。
しかしジャン吉先輩、胸毛濃いっすね。エルビス毛もロックの倍くらい長いし。
初出場でカード取っただけありますね。先輩さすがっす。

そして、念願のご対面。タビちゃん。7ヶ月(♀)。
ドッグフェス13
ブログではパピーの頃から見てたんですが、今回やっと会えました。

並べてみた。でかい。メスのパピーなのにすでにロックと同じくらいのサイズ。
ドッグフェス14
タビちゃんは人も犬も大好き。超ハイテンション。ノリノリ。
なのにロックはイマイチ興味ないみたい。なんだよー。
若干強引に遊ばせてみたんですが、やっぱ狭いとこでリードつきだとなかなかきつい。
今度広いとこで一緒に遊びましょ。

タビちゃんはもともとブルーホワイトの毛色。
でもまだパピー毛だからなのか、茶色い毛です。
ドッグフェス15
これからだんだん大人の毛になって色が変わっていくようです。
そんな楽しみもあるのっていいですね。ちょっとうらやましかったり。

おまけで、ザイニーの奥様と娘さん。ブレてるし・・・
ドッグフェス16
どっちがどっちだったっけ。しかも名前忘れちゃった。。。

こんな感じで、たくさんのHUGっ子に会えました。
ジャン吉先輩と再会できたし、念願のタビちゃんにも会えました。
ショーも楽しんだんですが、その後もずいぶん楽しませてもらえました。
親戚の集まりのような、同窓会?のような。次はイベント抜きで遊んでもらおう。


楽しかったー、で終わりじゃないんです。
この日のお話、実はもうちょっと続きます。
引っ張りグセを一瞬でなおしてしまうアイテム&テクニックを伝授してもらいました。
ドッグフェス17
そして大丈夫だと思ってたロックのしつけ方も、思いっきりダメだしされてきました。。。

またまた続く・・・

| お出かけ | 21:59 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ジャパンドッグフェスティバル2010

ジャパンドッグフェスティバル2010に行ってきました。
今回は見学でなく、ロックさんもショーに出場。春先に続いて2度目の出場です。
単犬種合同特別本部展。うーむお堅い。今度は大きい大会のようです。

ビッグサイトに9時に来い、といわれてたので、張り切って7時半に出発。
渋滞しても1時間あれば着くだろ、とか思ってたんですが、師走の土曜の朝をナメてました。
首都高さんが本気だしちゃって全然進まない。渋滞のあまり9時の時点でまだ飯田橋あたりでした。
あわててHUGさんにゴメンナサイ電話して、首都高降りて下道へ。着いたのが9:45。
出場が11時からだったので一応ショーには間に合ったんですが、一時はどうなることかと思いました。
ドッグフェス01
到着したら、ロックを預けてその場から退散。
近くにいたらいつまでもこっちを気にしてショーどころじゃないからね。

ショーの様子はこんな感じ。
ドッグフェス02
いつもよりギャラリーの数が多い。さすがでかいイベントだけありますね。
この日はボーダーコリーだけで30頭出場って書いてました。すげー。
プードルとかダックスは100頭前後も出てたようです。バーニーズやピレニーズも30頭以上出てたので、ボーダーはまだ少ないほうなのかも。

さて、ロックさんの出番です。
ドッグフェス03
右側がロック。
今回は広々した会場なので、前回以上に写真を撮るのに苦労しました。隠れるところがほとんど無いんです。
ロックに居場所がばれたらオシマイなので、人影に隠れながらしゃがみこんでパパラッチ。
前に立ってる人に、「隠れさせてください」ってお願いしちゃった。

さて、ショーが始まりました。
走るロック。
ドッグフェス04

見られるロック。
ドッグフェス05

僕らは隠れちゃってるので、相変わらずショーの様子はイマイチ分かってないです。
見に来てくれたパヴィー家の証言によると、7~8頭で走ったり見られたりして、3頭に絞られた中にロックがいて、なにかもらえてたそうです。

で、もらえた何かというのがコレ。じゃーん!
ドッグフェス06
ジュニアクラス第2席&リザーブウィナーズ&M.CCカード。
思いっきり丸めて平たく言うと、「この大会2番とったんだから銀のエンゼルのレアなやつあげるよ」って感じです。わかりづらっ。

いろいろ聞いて分かったのは、ロックと一緒に出場してた犬は、チャンピオンになっていない6クラス計8頭の犬。ジュニア・ヤングアダルト・アダルトの3クラスと、自家繁殖の同じく3クラス。
その犬たちがぞろぞろと現れて、まとめて審査されます。
細かい審査基準は忘れましたが、でかいとかカワイイとかよりも、体つき、姿かたち、身のこなし等々を見てるようです。
粗くいうと、プードルみたいな歩き方はダメだし、ブルドッグみたいな歯でもダメ、羊のいる牧場で活躍する正統な「ボーダーコリー」に近い犬かどうかを調べるようです。
8頭の中で、一番ボーダーコリーに近い犬を「ウィナーズドッグ」、2番を「リザーブウィナーズドッグ」とするらしいんです。
で、ウィナーズドッグはさらにチャンピオンと一緒に審査されるステージにいく、という流れ。
さらに、各クラスの中でも1~3位(席)を決めるそうです。頭数少ないクラスはどうするんだろ。

で、ロックはノンタイトル組の全部の中での2位、クラス内での2位でした。
それぞれの記念のリボンがもらえました。
かわいさで見たらロックがダントツで1番だったので、2番だったってことはおそらくある程度ちゃんと審査してるんでしょう。ちぇっ。

それと、M.CCカード。これが一番大事だそうです。
普通の大会だとウィナーズドッグになったとき、今日みたいな大会だとリザーブまでがCCカードっていうのをもらえるそうです。
チャンピオンになるには、それぞれ違う人が審査したCCカードを4枚手に入れる必要があるんだそうです。
さらに、その4枚のうち1枚はM.CCカードである必要があるんだと。
なので、ロックはあと3枚CCカードを手に入れると、晴れてチャンピオンが完成します。
M.CC縛りとか金のエンゼルが無いあたり、チョコボールよりルールは厳しいですね。

これから何度か出場したら、いずれチャンピオンになれるかな~。
血統書に「CH」って書かれちゃうよ!
またショーに出してもらおう。あと3枚だ!
ドッグフェス07

終わったあとは、遊びに来てたHUGの親戚たちとの会ってきました。
その様子は次へ続く。。。

| ドッグショー | 15:27 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。