PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

お別れ

ロックがブリーダーさんの元へ旅立ちました。
tabidachi01-1.jpg
目的は、預けてる間にショーに出て勝ってもらうこと、群れ生活して鍛えてもらうこと。
帰ってくるのは、29日の千葉インターの予定。20日程度の辛抱です。
旅立ってからまだ2日。我慢してるけどやっぱり寂しい。息子が居なかったら寂しさで死んでた。
到着してからの様子はブログで書いてもらえました。

今回のメインの目的は、群れ生活のほう。ショーはそのついでな感じ。
前々から修行に出した方がいいんじゃないの?って言われてきたんですが、本気で考え始めたのがこの時
せっかくの繁殖依頼にもかかわらず、ヒート中の雌犬にあまり興味を示さず、交配できなかった事。横で寝ちゃった事件。

元々ショー出場を続けてるのは、次の犬もロックの血筋が欲しいな~って考えてるため。
チャンピオンになってボーダーコリーらしさバッチリです、と認められれば、ロックの子犬達も幸せなところに引き取ってもらえる確率がぐっと上がるはず。そうじゃなきゃ去勢してた。
なのに、ロックさん交配できないんじゃチャンピオンでも意味なし。こればっかりはお手上げ。
ショーに行くたびに、ロックを見てはみんなが修行に出した方がいいんじゃないの~?って言われる始末。

そんなこんなで、修行に出そうかな~なんてブログに書いたら、ブリーダーさんからメール。
今ロックを送ってよこせばカード何枚かとって千葉インターの時に連れて帰ってやるわい!という内容でした。
どうせいつか修行に出さなきゃって思ってたわけだし、ついでにちょこちょこショーも出れるし、ロックもいい加減ブリーダーさんに慣れてくれないといつまでたっても勝てないし。
繁殖依頼も来てるけどロックじゃあな~・・・って事で断ってるみたいだし。
せっかく誘ってもらった訳だし、いつまでも悩んでても変わらないし、1ヶ月もしないで帰ってこれるし、修行に出るにはいいタイミングかな、と。
というわけでロックさん、急遽実家へと修行の旅に出されたのでした。

ついでに期待してるのは、これをきっかけにビビリな性格が少し治らないかな~ってこと。
前回のショーの時も、初めての環境でビビりまくり。
さらに1年前にカードとったときも、実はビビりまくりでちびってたらしいです。
随分前から、ビビリをこじらせて攻撃性がでてくるかも、って言われてたんですが、その性格は治らず。
実際他の犬にケンカ売られたらやり返そうとするようになってきたし、最近はにらまれたら先制攻撃態勢に入る事も。
もう少しどっしり構えてほしいという希望もあるので、犬だらけの中で暮らせば少しは変わるんじゃないかな~。
そんなわけで、ロックさんはオスらしさを取り戻しつつたくましくなってもらうため、ウチを離れて修行生活でございます。

出発が決まってから、近所のワンコ達といつも通り遊んだり、ディスク大会応援行ったり、モズク&タビ子と遊んだり、別れを惜しんでおりました。
いつも以上にあれこれ遊びにいってます。この辺のお話はまた次回にでも。

さてさて、ロックを大阪へ空輸したお話を。
ペットの輸送はなかなか案内が不親切でして、分かりにくい事がたくさん。
犬だけ空輸パターンしか調べてませんが、羽田も航空会社もサイト上に説明がないんですね。電話番号だけ。
電話して聞いてみたら、電話予約のみの対応らしいです。割引プランみたいなのも無し。連絡は1日前まで。
料金はケージのサイズまたは重さで決まるそうです。宅配便と同じ。
ちなみにロックはバリケンIMサイズ&体重約17kgで1万円弱でした。

当日は、出発の3時間くらい前にお散歩といつもの半分のご飯を与えておきました。
さて出発。いつもと違うケージに入れられ、辛気くさい飼い主の様子も感じ、なんだか疑り深いロックさん。
tabidachi03.jpg
いざ羽田へ。
ただ、貨物の受け渡し場所が普通の搭乗口とは全然違う所にありまして、とても分かりにくいんです。
予約の時に分かりづらい場所なので分からなかったら電話下さい、と言われました。
そして、案の定見つけられず。空港内をぐるぐる回ってました。
電話してなんとか目的の「西貨物地区」に到着。空港を出る勢いで行くのがコツでした。
tabidachi04.jpg
敷地に入る際にゲートがあって、名前住所連絡先の記入と、身分証提示を求められます。
完全に業者さんむけの場所のようです。
さぁロック、着いたぞ。
tabidachi05.jpg
「なぜに空港?」とでも言いたげな顔。犬だからそんなわけ無いのにね。
ちなみに、このエリアはでかい看板に「犬猫散歩禁止」と書かれてます。
トイレスペースなんかも無いので、着く前にすませておかないといけないです。

さて、バリケンをカウンターに移動して手続きです。
tabidachi06.jpg
宅配便の受付風のカウンターで、荷物預かりの要領で大きさと重さを量って、同意書に記入。
それと、送った人と受け取る人の名前と電話番号を書く。
んで、追加の保証に加入するか聞かれて、あっさり手続き終了。加入しませんでした。
まさに宅配便の要領です。航空会社とは思えないほど淡白かつスピーディー。
名残惜しくそこに居てもしょうがないし、ロックがぴーぴー泣き出してもいやだったので、僕らはサラッと姿を消す事にしました。
tabidachi07.jpg

そして、案の定嫁は泣き崩れ、車内には寂しさが充満しておりました。
少しでも辛さを軽減しようと言う事で、近くの友人宅に寄り道して帰宅。少しは気がまぎれました。

こんな感じで、悲しさの中ロックさんを送り出しました。
たった20日間離れるだけでこの辛さ。でもきっとロックの為になるはず。
ちょっと我慢すれば良いだけなので、我慢する事にします。
んで、今のうちにロックがいるから出来なかった事を何かやっておこうと思います。

とか前向きに考えても、やっぱり寂しいものはさみしい。
tabidachi02.jpg
はやくかえってこーい!!

| ドッグショー | 00:40 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

東京インター

ようやく先週の出来事を書きます。またまたドッグショーに行ってきました。

今度はでかいやつ。東京インター。去年はじめてロックがカードゲットした大会です。
今年はジャパンドッグフェスティバルが大阪開催だったので、前よりは少しだけ小規模な感じ。
とはいえ、朝から犬も人もたくさんいました。
tokyoint01.jpg

さてさて、出場に向けておめかし。
tokyoint02.jpg
ロックさん、耳がどこかへ行ってしまいました。実は足も震えてました。
いつもよりもずいぶんビビっております。
どうも、ビックサイトの中でいろんな音が反響してるのがイヤだったようです。
さすがにこのままだとショーにならないので、気分転換にリング内で走ってみる。
tokyoint03.jpg
走ってる分にはだいぶ気がまぎれるみたい。
ついでに嫁もやってみる。
tokyoint04.jpg
お、わりと走れてる。
さんざん走ったら、多少はリラックスできたみたいです。
tokyoint05.jpg
なくした耳も帰ってきました。よーしこの調子で頑張れー!

と、勢い良くいきたいところでしたが、今回ばかりはそう簡単じゃなかったんです。
ロックが出るアダルトクラスは、なんとロック1頭だけ。
というわけで、アダルトクラスは勝ち抜き確定なんですが、カードゲットの為にはチャンピオンたちとの戦いに勝ち抜かねばなりません。
飛び級でチャンピオンクラスに参戦です。オーバースペシャルって言うらしいです。
それを聞いた皆さんのリアクションは、「えっ!?」「あ~そっか~・・・」とまあ何とも頼りない。。。
が、頑張れロック!
tokyoint06.jpg
尻尾が・・・。まだまだ緊張は解けてない様子。立たされるのを結構いやがってました。
tokyoint07.jpg
走る方は思いのほかちゃんと出来てました。
今回のハンドラーさんはいつものブリーダーさんではなくプロの方に。
あれほどビビってたロックをちゃんと走らせるのはさすがです。初めて会う犬なのに。

結果は、優秀賞をいただきました。敢闘賞みたいなやつですかね。ええ、勝てませんでした。
まぁあれほどビビってた上に、チャンピオンクラスに殴り込みなわけで。
2歳そこそこのロックとチャンピオン達の体格も全然違う。ロックはまだ体格がちゃんと出来てないんだろうな。
やっぱりショーは甘くはないってことですね。残念でした。
でもアダルトクラスでは1番だったわけだし。OKおーけー。

今回ショーに出てみて改めてよくわかったのが、ロックさんビビリ過ぎっていうこと。
何も勝ち気な犬になってほしい訳ではないし、扱いづらい犬っていう訳でもないんです。
でも、さすがにこんなにビビリなのはどうなんだろう。
犬がたくさん居るようなこんな場所にくるといつもビビってばっかりだし、そのせいでたまにお腹壊すし。
よそのGANGSTAR達は、同じ状況でも平然としてるのに。もちろん子犬も。
もう少し強くなってくれても良いのかもしれない。どっしり構えた大人犬になれるんだろうか。
これを克服するには1頭でいる状況では難しいので、ちょっと群れの中に修行に出そうかな、とか考え中です。


番外編。
今回は、ジャン吉先輩が遊びに来てました。
tokyoint08.jpg
ロックこっちみなさいってば。
久しぶりの再会。相変わらずこの2頭は絡まない・・・。
ジャン吉家も近々お子さんが生まれるようだし、これからも楽しみです。

そしてマジック&ハイドのチャンピオン連合もきてました。
tokyoint09.jpg
手前がハイド。ロックと全然体格が違う。。。
ロックもこんな風になるかな。左端で小さくなってないで大きくなりなさいよ。

もちろんお買い物もして、新たな子犬達とも会って、初めましてのオーナーさんもいて。
負けたけど随分楽しめました。たっぷり遊んだ。
次回は、千葉だか神奈川だかのやつにもしかしたら出るかもしれないです。
やっぱりせっかくだからチャンピオンになりたいもんね!

| ドッグショー | 00:36 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ショーに出た

詳しくはこちらで。
なんたって出たのが11月ですからね。記憶が曖昧。
なんだか色々忙しくてブログさぼり気味でした。忘れる前に書いておかねば。

さてさて、出場したショーのお話。
この日のショーは、
ボーダーコリーだけのブリード戦で1番→1G犬種で1番を取る→カードゲット
というやつでした。たしか。
で、ボーダーコリー組はロック1頭だけだったので、出たら自動的にブリード戦で勝てる仕組みになってました。
kawagoe01.jpg

この日はハンドラーをお願いしていたんですが、
「ちょっと忙しいからブリード戦は引いといて」
って言われて急遽ハンドラーをやる事に!
というわけで、心の準備ゼロで、ジャケット借りて、やり方を思い出しながら出てみました。
kawagoe02.jpg

案の定、ひどいもんでした。上手い事立たせられない。
kawagoe03.jpg
走るときは普段のチャリ引きトロットのおかげで、そこそこまともに出来たかも。
まー途中ちょっとちょっとミスってましたが。
やっぱりいきなりってのは難しいですね。軽くやり方も忘れてたし。
今度思い出すためにちょっとやってみよ。

で、メインの方はもちろん引いてもらいました。
kawagoe04.jpg
さすがっす。上手いもんです。立たせるのも綺麗でした。
でも残念ながらカードはゲットならず。おかしいなー一番かわいかったんだけどなー。

その後は毛玉会の終わり際に参加。
ロックさんだいぶお楽しみでした。
kawagoe05.jpg
勝てなかったけど色々と楽しめた一日でした。
次回の出場は来週の東京インター。去年カードもらってるわけだし、今度こそ期待!


息子君コーナー。
2ヶ月先に生まれた友達の娘と会わせてみました。
chuck.jpg
きゃー添い寝!
2ヶ月違うだけでここまで怪物になっちゃうのか。。。恐ろしい。。。

| ドッグショー | 22:21 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ショーとその後

なんだか意外にも前回のブラッシング話で盛り上がってたので補足。
当たり前ですが、犬の体格、大きさ、毛質でブラシの仕方は違うそうです。
犬種とかいうレベルでなく、この日来てたエディ君とロックでもやり方は違うみたいです。
エディ201105_2
ちなみにエディ君はロックの甥っ子。思ったより近い親戚でした。そうかロックももうオジサンか~。
同じボーダーで、しかも近い親戚でブラッシングのやり方が変わってくるって言うんだからなんだか奥が深い。
正直、ロックとエディ君のブラシのかけ方がどう違うかは、全然分かりませんでした。
とりあえず皮膚を傷つけないようにやさしくブラシ、ということだけは覚えてきました。
とにかくピンブラシを使えば良い、っていうもんでも無いみたいです。
次行ったときにまたじっくりやり方見てみよう。

というわけで、先週のショーの様子を。午後からしか見てないんですが。
まずはオスの部、エディ君。
エディ201105
以前ロックと僕が出たときにもご一緒したワンコ。
あらためてエディ君のショーの様子を見ると、集中力がすごい。
待機中はヒマだったのかわーわー暴れてたくせに、ショーになったらハンドラーをじーっと見てる。
トロットも速いし、横にビシッとついてる。
この子は違うことやらせてもかなり優秀かも。ロックにもその集中力を分けて欲しい。
これは絶対エディ君の勝ちだろ、とか思ってたんですが、残念ながら2番手。
そうか、そういう競技じゃなかった。集中力点があればぶっちぎりで1位でした。残念。

続いてメスの部、ステラちゃん。
ステラ201105
この子すごくカワイイ。かわいすぎて1番とってました。
1番取れたのも絶対顔の良さがだいぶ効いてるな。メスだし。美形ポイントが大量に入ったに違いない。
勝手にロックの嫁候補に入れておこう(こっそり)。美人(犬)の嫁もらっておこうぜロック!

この後ステラはメスのMVP的なのを決める審査に出てるはずなんですが、雨も強かったことだしウチはここで帰宅。
帰りの車の中で、ロックはいつもどおり疲れてぐっすり寝てるかと思ったんですが、しばらくしたらピーピー泣き始めました。
おかしいな~と思ってクレートを開けた途端、ゲロゲロっとやっちゃいました。
あわててロックを出して抱っこしてたら、2度目のリバース。
もうケージの中において置けないので、仕方なく後部座席にフリーで乗せてあわてて帰宅。
そしたらやっぱり3度目のリバース。。。座席の隙間にゲロが・・・
もう5分もすれば家に着くぞ、って時に、どう見ても下痢しそうな体制に入っていました。
車の中でゲロ&下痢はいやだ!って思ったので、友達ワンコの名前を呼んで気をそらす作戦へ。
あれっロビンちゃん!パヴィーだよ!なんていいながら、騙し騙しなんとか帰宅。
車から降りたら案の定下痢下痢。。。
雨でぬれてお腹冷やしたのかな~。あ~あ。
早速帰ったらシャンプーしてドライヤーブラッシングしようと思ってたのに。
雨の中ゲロと下痢の処理をするだけで気力がなくなりました。自分もびしょぬれ。
せっかく雨でもストレス発散できるかと思ってたら大変な目に。大丈夫かよロックさん・・・

1週間たって、お腹の調子も戻ってきたのでやっとまともにシャンプー。
あったかくなってきたので、外でゴシゴシして、ドライヤーかけながら買ったばっかりピンブラシを使い、分けてもらったトリートメント的なのをスプレーして、コームでアンダーコート取って。
じゃーん完成!
シャンプー後
盛り上がったケツ毛も減って、前よりも毛艶が良くなった気がします。
毛の手触りもいい感じ。サラッサラ。今までと全然違う。
でも先週HUGさんにやってもらったときのほうがキレイな仕上がり。
grooming08.jpg
こっちはシャンプーもしてるっていうのに、どう見てもキレイさが違う。
んん~おかしい。ホントどうやってやってたんだろう。
もしかしたら手際が悪かったせいなのかな~。
ドライヤー中にウロウロ動かれてたらなかなかうまくいかない。
トリミングテーブルに乗せて、しっかり乾かせたら多少変わるのかもしれません。

というわけで、お手ごろなトリミングテーブルを物色中。
ちょっと調べてみた感じ、多分ちょうどいいのはこれとかこれの大きさのやつ。これだとちょっと小さそう。
どれも結構高いんですね。平気で2万~とか。
どうせ家でしか使わないんだし、アウトドア用テーブルとかに滑り止めつけて代用できないかな~と画策中。


ウデはまだまだですが、今までよりもブラッシングが楽しくなってしまいました。
朝の散歩の後も、以前より長めにブラッシングしてしまいます。
サラサラになって指どおりが良いのが気持ちよくって。
はまってしまいそうです・・・

| ドッグショー | 22:33 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ジャパンドッグフェスティバル2010

ジャパンドッグフェスティバル2010に行ってきました。
今回は見学でなく、ロックさんもショーに出場。春先に続いて2度目の出場です。
単犬種合同特別本部展。うーむお堅い。今度は大きい大会のようです。

ビッグサイトに9時に来い、といわれてたので、張り切って7時半に出発。
渋滞しても1時間あれば着くだろ、とか思ってたんですが、師走の土曜の朝をナメてました。
首都高さんが本気だしちゃって全然進まない。渋滞のあまり9時の時点でまだ飯田橋あたりでした。
あわててHUGさんにゴメンナサイ電話して、首都高降りて下道へ。着いたのが9:45。
出場が11時からだったので一応ショーには間に合ったんですが、一時はどうなることかと思いました。
ドッグフェス01
到着したら、ロックを預けてその場から退散。
近くにいたらいつまでもこっちを気にしてショーどころじゃないからね。

ショーの様子はこんな感じ。
ドッグフェス02
いつもよりギャラリーの数が多い。さすがでかいイベントだけありますね。
この日はボーダーコリーだけで30頭出場って書いてました。すげー。
プードルとかダックスは100頭前後も出てたようです。バーニーズやピレニーズも30頭以上出てたので、ボーダーはまだ少ないほうなのかも。

さて、ロックさんの出番です。
ドッグフェス03
右側がロック。
今回は広々した会場なので、前回以上に写真を撮るのに苦労しました。隠れるところがほとんど無いんです。
ロックに居場所がばれたらオシマイなので、人影に隠れながらしゃがみこんでパパラッチ。
前に立ってる人に、「隠れさせてください」ってお願いしちゃった。

さて、ショーが始まりました。
走るロック。
ドッグフェス04

見られるロック。
ドッグフェス05

僕らは隠れちゃってるので、相変わらずショーの様子はイマイチ分かってないです。
見に来てくれたパヴィー家の証言によると、7~8頭で走ったり見られたりして、3頭に絞られた中にロックがいて、なにかもらえてたそうです。

で、もらえた何かというのがコレ。じゃーん!
ドッグフェス06
ジュニアクラス第2席&リザーブウィナーズ&M.CCカード。
思いっきり丸めて平たく言うと、「この大会2番とったんだから銀のエンゼルのレアなやつあげるよ」って感じです。わかりづらっ。

いろいろ聞いて分かったのは、ロックと一緒に出場してた犬は、チャンピオンになっていない6クラス計8頭の犬。ジュニア・ヤングアダルト・アダルトの3クラスと、自家繁殖の同じく3クラス。
その犬たちがぞろぞろと現れて、まとめて審査されます。
細かい審査基準は忘れましたが、でかいとかカワイイとかよりも、体つき、姿かたち、身のこなし等々を見てるようです。
粗くいうと、プードルみたいな歩き方はダメだし、ブルドッグみたいな歯でもダメ、羊のいる牧場で活躍する正統な「ボーダーコリー」に近い犬かどうかを調べるようです。
8頭の中で、一番ボーダーコリーに近い犬を「ウィナーズドッグ」、2番を「リザーブウィナーズドッグ」とするらしいんです。
で、ウィナーズドッグはさらにチャンピオンと一緒に審査されるステージにいく、という流れ。
さらに、各クラスの中でも1~3位(席)を決めるそうです。頭数少ないクラスはどうするんだろ。

で、ロックはノンタイトル組の全部の中での2位、クラス内での2位でした。
それぞれの記念のリボンがもらえました。
かわいさで見たらロックがダントツで1番だったので、2番だったってことはおそらくある程度ちゃんと審査してるんでしょう。ちぇっ。

それと、M.CCカード。これが一番大事だそうです。
普通の大会だとウィナーズドッグになったとき、今日みたいな大会だとリザーブまでがCCカードっていうのをもらえるそうです。
チャンピオンになるには、それぞれ違う人が審査したCCカードを4枚手に入れる必要があるんだそうです。
さらに、その4枚のうち1枚はM.CCカードである必要があるんだと。
なので、ロックはあと3枚CCカードを手に入れると、晴れてチャンピオンが完成します。
M.CC縛りとか金のエンゼルが無いあたり、チョコボールよりルールは厳しいですね。

これから何度か出場したら、いずれチャンピオンになれるかな~。
血統書に「CH」って書かれちゃうよ!
またショーに出してもらおう。あと3枚だ!
ドッグフェス07

終わったあとは、遊びに来てたHUGの親戚たちとの会ってきました。
その様子は次へ続く。。。

| ドッグショー | 15:27 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。